自動車車体整備科

修業年限1年

※ 国土交通省二級整備士養成施設(整備士養成学校)を修了した者。または、今年度修了見込みの者。

高尾 純平 自動車車体整備科

夢は、車で人に貢献すること。
トップをめざして努力の毎日です。

自動車車体整備科
上原 直也 (埼玉県立 白岡高校 出身)

修理に出した車が新品同様で戻ってきたのがきっかけで、メカニックに興味を持ちました。車が好きなので、車で人に貢献できたら最高だと思ったのです。まず二級自動車整備科で基礎を学び、自動車車体整備科に進学。現在は大手ディーラーに内定し、国家試験に向けて奮闘中です。私は負けず嫌いで、勉強でも技術でもトップになりたいタイプ。就職後もトップになれるよう、今から努力しています。

事故車の修復から板金・塗装まで。
幅広く活躍できるスペシャリストを育てる。

自動車整備が「内科」なら車体整備は「外科」。車体整備と自動車整備どちらもできる整備士は、外側の傷から内部のトラブルまで修理できるため、企業のニーズも非常に多く、第一線で幅広く活躍できます。自動車車体整備科では、最新鋭の設備を導入して、板金・塗装の基礎から古い車のレストア、フレーム修正作業などの応用までを学びます。卒業と同時に実技試験免除、自動車車体整備士資格取得までをサポートします。

学びのステップ

1年間で板金・塗装・フレーム修正の技術を自分のものにする。

二級自動車整備科
矢印
1年
車体修復技術を学ぶ

各国のフレーム修正機、塗装ブース、四輪ホイールアライメントテスターなどのハイテク機器を導入。溶接・板金・塗装を中心に車体整備の基礎から応用までを身につけます。実習では、もの作りの喜びを感じながら、豊かな発想力も磨いていきます。

車体修復技術

車体整備士への道

二級自動車整備士に、「車体整備士」という大きな価値をプラス。

二級自動車整備士に、「車体整備士」という大きな価値をプラス。

資格取得

★自動車車体整備士

自動車整備士のうち、特殊自動車整備士として分類される国家資格。フレームまたはボディの点検、修理、改造など、車体の整備ができる。

★職業訓練指導員資格

技術専門校などの職業能力開発施設で、訓練指導を担当する者の公的な資格制度。
※二級自動車整備士資格取得者に限る。

  • ・ガス溶接技能講習修了証
  • ・アーク溶接特別教育講習修了証
  • ・低圧電気特別教育講習修了証
  • ・フォークリフト運転特別教育講習修了証
  • ・砥石交換・試運転特別教育講習修了証
  • ・有機溶剤作業主任者技能講習修了証
  • ・損害保険募集人資格
  • ・危険物取扱者資格
  • ・中古自動車査定士
  • ・タイヤ空気充てん特別教育講習修了証
溶接 仕上げ磨き

「習うより慣れろ」がモットーの板金・塗装実習

   
   

四輪トータル・ホイール・アライメント・テスター   各国のフレーム修正機が8基稼働   塗装ブース
四輪トータル・ホイール・アライメント・テスター

世界初のタイヤクランプ方式
わずか5分で測定完了!

 
各国のフレーム修正機が稼働

コンピュータ内蔵により、修正寸法が一目でわかります。

 
塗装ブース

空気の流れ、温度を自由に設定することができ、塗装から乾燥まで出来ます。

レストアされた名車たち

玄関ホールは、車体整備科でレストアされた名車たちが展示されています。

玄関ホールに展示してあるレストアされた名車たち
フォードA型 3277cc 1931年 BMWイセッタ 600cc 1957年

フォードA型 3277cc

1931年

BMWイセッタ 600cc

1957年

ダットサン210型 1000cc 1958年 陸王 750cc 1941年

ダットサン210型 1000cc

1958年

陸王 750cc

1941年

 
マツダB360 360cc 1962年 カルマンギア 1970年 スバル ラビット 125cc 1968年 トヨタ パブリカ 800cc 1967年 ホンダ NV 360cc 1968年

マツダB360 360cc

1962年

カルマンギア

1970年

スバル ラビット 125cc

1968年

トヨタ パブリカ 800cc

1967年

ホンダ NV 360cc

1968年

スバル 360 1970年 ホンダ ライフ 360cc  1974年 改造プレジデント 1981年 日産フェアレディ 2by2 2000cc 1975年

スバル 360

1970年

ホンダ ライフ 360cc

1974年

本校でオープンカーに
改造されたプレジデント

1981年

日産フェアレディ 2by2
2000cc

1975年

年間スケジュール

1年次

●エアツール取扱い ●板金基礎 ●パネル補正 ●パテ作業 ●調色作業 ●塗装基礎 ●パール塗装 ●仕上げ塗装 ●受入れ検査 ●実車部品分解 ●フレーム修正 ●レストア作業 ●実車部品組付け ●完成検査 ●国家試験対策

From Teacher

田崎 智久 自動車車体整備科担当

阪尾 隆行
自動車車体整備科担当

見て聞くよりも実戦経験が
整備士として何より大事だと思います

経験を交えた解りやすい説明で楽しんで受けられる授業を心がけています。実習では自ら同じ作業を行い常に見せながら基礎を理解しやすいよう指導しています。小さなことも考えながら作業することで、一般整備と車体整備のどちらにも対応できる整備士を目指したもらいたい。