資料請求

第47回埼自大祭

2017.10.22

10月22日(日)、第47回埼自大祭が開催されました。
当日は台風21号が接近しており、時折白く煙るほどの雨降りの中、多くの来場者に足を運んでいただけたことは、学生さんたちにとって大きな励みになりました。
今、自動車に求められているのは「環境に優しく、運転の安全性を求める進化」ですが、そこには、車に乗る(ドライブする)楽しさも求められます。そこで、今回のテーマは『クルマをもっとオモシロク』でした。
1号棟では、学校沿革、学園紹介、佐藤栄学園グループ各校の紹介や学生さん、職員の方の個人作品も展示され興味深く拝見。そこからコンコースに入ると、学生さん達渾身の作品、エンジンカットモデルや車のハーフカットモデルを展示。今年は『日産ノートe-POWER』。エンジンカットモデルは、『三菱3B20』『日産RB20DE』『スズキR06A』『ダイハツエッセ』『ダイハツタント』『ホンダフィット』どの作品も内部構造がはっきりわかるようにカットされ、ボタンを押すとよく動きが見えて構造を知るオモシロさが、そこにはありました。
3号棟の1階実習場に入ると、〈サークル紹介〉〈走行試運転〉〈ユタ留学〉などの紹介写真で、学生さん達の活躍の様子がよくわかりました。皆さん笑顔が輝いていました。
さて、今年度で4回目となる学生模擬店の『G級グルメグランプリ』。本来ならば、中庭でのびのびと展開されるはずでしたが、雨のため、テントを張ったり、1階食堂で営業したりと。濡れて大変そうでしたが、おいしそうな匂いが・・・。人気店ではなかなか購入できず売り切れ・・・なんてことも。それ程手作りグルメはおいしかったです。学生さん達の笑顔がおいしくするスパイスですね、きっと!
そして、一番アツかったのは、4号棟。実習場では〈ドライビングゲーム体験〉〈クラス対抗グランツーリスモ大会〉などの熱い対戦が。カーミュージアムでは、クラシックカーから歴代のカスタムカー展示、レーシングカー、トラック他様々なクルマに熱い視線が。
更に、最も注目されるメインイベント・・・〈クラス対抗技能コンテスト〉。今年はマツダCX-3を競技車両として使用し、各クラス代表選手3名による、点検作業の技能コンテスト・・まさに熱く見ごたえのある埼自大祭らしい競技でした。コンテストのスローガンは『お客様の車の取り扱いは丁寧に』もちろん、タイムを競いますが、“丁寧・正確・迅速”・・・大事なことです。そして、結果は・・・優勝・一級2B、準優勝・一級4C、3位・一級3Cでした。おめでとうございます!参加選手の皆さんお疲れさまでした。
その他、最新技術搭載車・トヨタミライ他、展示や試乗も、雨の中人気を博し、また、メカニック体験コーナーでは、笑顔とドキドキのチビッ子を発見!ご来校いただいた保護者の皆様をはじめ、大人も子供も楽しんでいただけた埼自大祭となりました。
ご尽力をいただいた校長先生をはじめ諸先生方、そしてお世話になりました企業の皆様、心より感謝申し上げます。そして、何より“がんばった学生の皆さん”ありがとうございました!

ページトップへ