資料請求

第48回 埼自大祭

2018.10.31

『見せます 魅せます 車の全て』

 

今や、単なる移動手段ではなく、それぞれの場面で仕事の相棒或いは家族の一員として活躍する自動車。日々、その細部の構造や機能を学び、技術を磨いている埼自大生の授業の成果発表や彼らが製作した自動車やエンジンのカットモデル展示。国産車、外車、スペシャルな車、自動ブレーキ装置体験。様々な形で自動車の魅力を感じていただけるような楽しい一日を・・・

 

 10月21日(日)、「第48回埼自大祭」は、素晴らしい秋晴れの空の下、元気に開催されました。
1階エントランスからは、本校の歴史、系列校の紹介、学生作品の自動車やエンジンのカットモデル等、コンコースに入ると、それぞれの作品に学生さんが付いて説明してくれました。ボタンを押すと動きが見えて、内部構造がよくわかります。今年は『スズキ インパルス400』『マツダ スカイアクティブD1.5』のエンジンカットモデル、『トヨタ カローラ』『トヨタ 50プリウス』『日産 S13シルビア』ハーフカットモデル。どの作品も素晴らしいクオリティで、学生さん達の学びのレベルの高さに驚かされました。また、カスタムボディ科の『東京オートサロン2019号(仮)』。毎日、夕方まで居残り作業で頑張る彼らの作品がどんな仕上がりになるのか、来年が楽しみですね。
3号棟1階では、今年度のサークル活動や走行試運転、ユタ短期留学の様子を写真等で紹介。どの顔も、充実感で輝いて見えました。
さて、軽音ライブの元気パワーに刺激され?お腹が少しすいた頃、お祭り広場の模擬店からおいしそうな匂いが・・・。昨年は、雨でテントを張ったりと苦労した皆さん。今年は青空の下で、あれこれ目移りしてしまう手作りグルメの数々。呼び込み声掛けも明るく楽しく、何度もリピーターになりました(笑)。

 

そして、今年も一番盛り上がったのが、4号棟で催された「クラス対抗技能コンテスト」。こちらでは、他にもカーミュージアム、ディーラー車両展示やグランツーリスモ大会等で賑わっていましたが、何と申しましても学生さんの日頃の研鑚の腕を試す、最も埼自大らしい技能コンテストですので、客席のみならず4号棟全体がアツく盛り上がりました!各クラス代表3名により『お客様のお車の扱いは丁寧に』のスローガンのもと、いかに正確に迅速に丁寧に作業をするのか。その為には、チームワークと無駄な動きをせず、効率よく動くことが大切。学ぶ事の大きいチャレンジは、優勝一級4A、準優勝一級4C、3位二級1B。本当におめでとうございます。
その他、テストコースでの新機構試乗、11号棟のメカニック体験、ガレージセール等大人の方からお子様まで、多くの皆様に楽しんで車と共にお過ごしいただき、“見て 魅せられた”心に残る一日となりました。

 

ご協力、ご協賛いただきました皆様、ご尽力くださいました学校関係者の皆様には、心より感謝申し上げます。ありがとうございました。

 

ページトップへ