資料請求

日帰り観劇ツアー

2018.11.13

親交会 『日帰り観劇ツアー』

 

 青一色に染められたような、美しい晴天の11月2日(金)。親交会のイベント『日帰り観劇ツアー』が行われました。コースは、バスで≪浜離宮恩賜庭園≫へ。散策の後、ベルシーヌ竹芝の≪銀座アスター≫にて昼食。そこから、≪自由劇場≫へ移動、劇団四季の『恋に落ちたシェイクスピア』観劇。そして現地解散という、魅力溢れる企画でした。

 

 大宮より学校のバスに満員の皆様のわくわくをのせて、首都高速を通りまずは≪浜離宮恩賜庭園≫に到着。こちらは、汐留駅近くの高層ビルに囲まれた広大な庭園で、海水を引き入れた潮入の池と二つの鴨場を伝え、江戸城の出城として機能。その後、幾度かの改修などの歴史を経て皇室の離宮となり東京都に下賜され、国の特別名勝、特別史跡に指定。そんな歴史を踏まえて庭園に佇むと、なにやら吹く風も江戸の潮風のような趣が感じられて・・・。花暦で見ても紅葉には少し早く、満開の秋桜たちがたおやかに美しく風に揺れ、心癒されました。緑も多く松の枝ぶりも見事で、点在する潮入の池や鴨場、水上バス発着場から東京湾を臨む景色と青い空、そして4つの御茶屋。素晴らしい景色と周りのビルとのコントラストが、強く心に残るひと時でした。

 

 1時間ほどの散策でお腹も減ってきた頃、バスは次の目的地、ベルシーヌ竹芝内≪銀座アスター≫へ。24階へ上がると、中華料理の老舗らしい入口から大広間へ・・・そこには、思わず歓声が上がる程のパノラマの美しい眺めが眼下に広がり、にわかカメラマン、スマホでカシャカシャ(笑)。先程まで居た庭園も、まるで箱庭のよう。それでも、まずはお昼タイム。円卓を囲んで楽しく談笑しながら、お料理をデザートまで堪能しました。テーブルによってはお酒が進み更に盛り上がっているところも・・・(笑)。皆様笑顔満開で、各々ゆっくりと食事の時間を楽しんでおられました。

 

 美味しいお食事と24階からの美しい展望を満喫した後は、いよいよ今回のツアーのメイン、劇団四季の『恋に落ちたシェイクスピア』を観劇する≪自由劇場≫へ徒歩で移動。あの名作『ロミオとジュリエット』誕生の裏に、若きシェイクスピアの許されざる恋が大きく関わっているとしたら・・・?フィクションと事実が巧妙に織りなすストーリー展開で、ミュージカルとはまた異なる本格的なお芝居を楽しめる、少し大人っぽい舞台であったと思います。皆様、いかがでしたでしょうか・・・。 

 

 午後5時少し前、余韻に浸りながら暮色に包まれ始めた劇場前で、ご挨拶を交わして現地解散、三々五々帰路に。たくさんの思い出を胸に『日帰り観劇ツアー』は無事終了いたしました。ご企画、ご尽力くださいました皆様、先生方に心より感謝申し上げますと共に、ご参加下さいました会員の皆様、本当にありがとうございました。

ページトップへ